HOME >> 段ボールパッケージを考える >> ダンボールの大きさによる工夫

ダンボールの大きさによる工夫

ダンボールの大きさと言うものは一体どれだけの種類があるのでしょうか、そう言うことに関しても目を向けてみたことのある人は少ないようにも感じられます。

必要なサイズと言うのは商品などに合わせて用意されていると思いますし、ある程度お店にいけばそれらダンボール素材で出来た箱と言うものが販売されていると思います。

様々な商品を梱包したりしていくのには、その商品に合わせたサイズのものを注文するか、もしくはサイズに合わせた荷物を詰め込んでいったりする必要があるはずです。

販売されている箱の種類と言うものも色々があると思うのですが、それぞれの形をよく見て、どういうところに利用していくのが良いものなのかをよく考えてみる事をお勧めします。

日常的に必要になるものや、生理整頓に使えるものなどもあれば、プレゼントなどにお勧めのもの、はたまた収納何かに利用するもの、ただ飾りに使うものなど、使い道は様々です。

同じ箱を利用してとしても、それらの活かしかたというもの自体変化があるものでしょうから、細かい変化をよく考えて、上手な利用を行っていきましょう。

ダンボールの大きさ、それらは工夫のひとつとして重要なポイントにもなりますので、販売されている規定の形であったとしても、それらの大きさはどういうところに活かせるのかを考えてみて欲しいと思います。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。