HOME >> 段ボールパッケージを考える >> ダンボールの形と緩衝性

ダンボールの形と緩衝性

緩衝性、と言うものを聞くとどういうものか疑問に思う人も居るのかもしれませんが、ダンボールなどの形をよく考えてみることにより、それらの緩衝性が変化するという事も分かると思います。

ダンボールと言うものの形は、サイズなどによって厚さも違うものであったりもしますから、そう言うことに関しても目を向けていくと面白いのではないでしょうか。

その面白さと言うのは、ラッピングに使ったりもっと色んな梱包に使ったりと色々と利用できるはずなので、そう言うものに利用のしどころを向けていくことがお勧めです。

箱の種類によって強度なども違うと思いますし、それ以上に緩衝性というのは中に詰める荷物などにも関係すると思います。

ガラス物などを含め、傷が付きやすいものを守る為にはダンボール箱を利用するという事が重要なポイントになります。

勿論その他にもどういう梱包をする事で荷物を傷つかないように出来るかというのを考えなければならない事になる事もあるようです。

形や緩衝性に関してを意識してみると、利用を上手くしていく事が出来るはずです。

今時は形だけでなく、見た目などの色や柄などの変化と言うものもあると思いますから、そう言う点に関してもよく見直していくことをお勧めしたいと思います。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。