HOME >> 段ボールパッケージを考える >> ダンボールの厚さ

ダンボールの厚さ

ダンボールのパッケージ、その形状を思い浮かべると様々な物があると思うのですが、それの中には厚さが全然違うものがあるという事が分かってくると思います。

ダンボールシートの厚さというのはその箱の頑丈さなどに関係してきますから、結構重要な物になりますよね。

何に利用するのかというのにもよりますが、重いものを運んだり、積み重ねたりするのであれば厚さのあるダンボールシートである必要があると思いますし、別にそういうわけでは無くあくまでも箱がある事が重要とされる場合には、割と薄いシートが使われる事も多いでしょう。

ケーキなどが入っている箱なんかは思い浮かべやすいと思いますが、あれらは確かに箱としては必要ですが、引越しの時などに使うようなダンボールの丈夫さは必要ないと思います。

ですからこうした厚さというのも、パッケージの工夫のひとつになっていて、その形状などに合わせて厚さが全然変わってくるのでしょう。

皆さんが日々目にしているような物は、どういった形のものや、厚さのものが多いでしょうか?

また、それらはどうしてそういった厚さのものが選ばれているのでしょうか。

もちろんそれらには理由があると思います。

ですから、何かしらダンボールを利用しようと思った時は、その箱の特徴を見つめてみましょう。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。