HOME >> 段ボールパッケージを考える >> ダンボールの中で仕切りをつける

ダンボールの中で仕切りをつける

見た目はただの四角い箱であるダンボールですが、その中身は一体どうなっているのでしょうか?

もちろんその中に入れる物などにもよると思いますが、元はただの見た目と同じ四角い空間が出来ていますよね。

そんなダンボールに一工夫加えて形を変えるという場合には、見た目だけの問題ではなく、中に仕切りなどをつけることで、また変わった使い方が出来るのではないでしょうか。

大きいダンボールなんかもそうですが、ちょっとした小物入れなどに入れる小物が混ざってしまわないように、中に仕切りをつけるだけでも使い勝手は大幅に変わると思います。

大事なのは自分の使いたい物、また入れる物に合わせて何かと工夫を凝らすことでは無いでしょうか?

皆さんの自宅にある、見た目はちょっとオシャレだけれど使い道に悩んでいる箱などを、一工夫して利用してみるのはいかがでしょう。

案外形が変わっていたり、見た目がおしゃれだったりする箱は、いつか使えるんじゃないかと取っておく人も多いようです。

そんな人たちには、ちゃんとその箱を最終的にはゴミとしてだけ扱うのではなく、せっかく取っておいたのですから、素敵な事に利用して欲しいと思います。

箱があるならただ物を入れれば良いと思うのではなく、それをするのにもちょっとした工夫をしてみると良いでしょう。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。