HOME >> 段ボールパッケージを考える >> 形の持つ意味

形の持つ意味

箱、と一言に言っても様々な形状の物が沢山あると思いますが、その中でも紙で出来たダンボール、それらは案外工夫のしどころがいっぱいありますから、木箱やプラスチックと比べるとバリエーションも豊富にあるのではないでしょうか?

皆さんの想像するダンボールといえば、どういった形の物があるでしょうか。

一先ずはそのダンボールですが、どんな形をしていたとしても、その形には意味があると思いますので、それらに注目をしてみましょう。

単純に言うのであれば、物を運ぶのに適しているものの場合は、取っ手や手を引っ掛ける穴などが付けられているはずですし、そうでは無いけれどプレゼントなどに使われ、リボンなどで梱包する故に蓋がバラバラに開くタイプの物もあると思います。

それぞれの形には何かしらの意味があると思うのですが、それに皆さんは気づいているでしょうか?

何となくでその形が生まれたわけではないでしょう。

何かとその形に適した「良い所」という物があるはずです。

もしもダンボールなどを利用する際には、その形に注目してみてください。

その形が何を意味しているのか、どういった事に利用するのに適しているのかをよく考えるだけで、道具の使い方というのが変わると思います。

形で意味をしれば、想像力が養えます。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。