HOME >> 段ボールパッケージを考える >> ダンボールの形を自分達で変える

ダンボールの形を自分達で変える

ダンボールと言われるとどうしても四角い箱のイメージが強いのではないでしょうか?それも上下が開くタイプの、みかん箱のような形の物を想像する人が大半になると思うのですが、それらの形を自分で変えるとしたら、どういう風に変える事が出来るのでしょうか。

今時は紙で出来た箱であるダンボールの形も様々な物があると思いますが、一般的に知られているそのダンボールの形を、自分なりに工夫して、形状を変えていく事で他の事にも使えるのではないかと言われている所もあります。

インテリアなどにも使われるようになったのは、そういった工夫が効く事に気づいた人が増えてきたからでしょう。

案外丈夫で工作のしやすいダンボールは、そうやって形を変えるのにももってこいの材料になる事でしょう。

自分達で変えていくのであれば、ある程度の道具が必要になるかもしれませんが、木材などと違ってノコギリのような刃物が必要なワケではありません。

そういった点を考えると工作のしやすさも目に見えているでしょう。

もちろん設計などをするとなると少し考えなければならない所はあるかもしれませんが、箱の形状はる程度崩すことなく、ちょっと工夫するだけでも使い道が変わるはずです。

ダンボールの利点は形や大きさを簡単に変えることができることです。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。