HOME >> 段ボールパッケージを考える >> ダンボールを積み重ねていく

ダンボールを積み重ねていく

ダンボールなどを利用して、部屋の物を整理していったりするという話はよく聞いたりすると思いますし、ある程度サイズも色々あるのがダンボールですから、決まったサイズにしかならない、または丁度良いサイズを探すのが難しいプラスチックの収納ケースなどよりも、こうしたダンボールを利用する方が利点があるという場合もあるのではないでしょうか?

例えば実際に小物は小さい箱へ、普段使わないけれど大きい荷物になってしまうものは大きい箱に入れたとしても、その箱自体を積み重ねて出来るだけ隙間の出来ないように、押入れなどに収納する事は可能だと思います。

元々のダンボールの形が四角だとすれば、積み重ねたり、またサイズが違うとしてもある程度パズルのようにしまいやすい所はあるのではないでしょうか?

片付けが苦手だと思う人はちょっとした隙間や空いている場所を上手く利用できるようになりましょう。

例え中身が重かったとしても、ある程度の重さには耐えられる丈夫な箱でもありますし、その上サイズもそれぞれ、小物ばかりがある人であれば、小さいダンボールにまとめて、その小さいダンボールがあまりにも多く出てきてしまうという場合にはその箱をまた大きい箱へとまとめてしまえば良いのです。

それに工夫次第や重ね方次第では、ただ箱として使うというよりも、ちょっとした収納タワーのような物も作れると思うので、上手く利用してみましょう。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。