HOME >> 段ボールパッケージを考える >> 四角いダンボール

四角いダンボール

最近では丸い形の箱などもあり、それらも紙で出来ているわけですから、ダンボールなどに変わりはありませんよね。

ですが基本的にダンボールと聞くと、大体の人が四角いものを思い浮かべるのではないでしょうか?ではどうして昔から□いダンボールが多かったのでしょう。

もちろん丸い箱の物は作りにくいという点もありますから、最近では技術も発達して、機会に任せて作ってしまえば楽なものかもしれません、ですがそんな現代でも四角い形のものは多いです。

何よりも丸い形のダンボールに物を入れようとした時にあるデメリットというのは、どうしても物を入れたときに隙間が出来やすいという物ではないでしょうか?

綺麗に物をしまいたいのであれば、淵が楕円のものを使うと中に入れる物の角などが当たってしまい無駄な隙間が出来てしまいます。

中に入れる物がスライムのように柔らかく、形を持たないものであれば別ですが、形を持っているものであれば、あまり収納などには向いていない形になるでしょう。

それに比べて資格いダンボールというのは、ある程度の収納にも役立ちますし、何よりも中での仕切りなどがしやすいと思いますので、もしも整理整頓などに箱を使いたいと思うのであれば、四角い形状のものを利用してみてはいかがでしょうか。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。