HOME >> 段ボールパッケージを考える >> ダンボールは処分しやすい、その利点というのは何なのか

ダンボールは処分しやすい、その利点というのは何なのか

ダンボールというのは紙で出来ていますから、細かいゴミになってしまっていたら、それをただ燃えるゴミに出せば良いと思いますし、大きい箱のままであれば、畳んで廃品回収なんかに出す事も可能だと思います。

ダンボールの形状を利用して様々な事をしてみたは良いけれど、だいぶ後になって必要なくなった、そんな場合には処分にもあまり困らないのではないでしょうか。

その箱という物の形状を利用したインテリアはもちろん、販売店側としてはその箱は商品を詰める大事なものにもなりますから、それらの事を考えていくと、どういった形のものが、どういったものに利用されるのかも考えられていくでしょう。

皆さんの身近にある箱は、どうしてそういう形をしているのでしょうか?

それを考えていつのまにか他にも使えないかと考えていってしまえば、そのうちインテリアなどの工夫に持つかえるようになってきますので、様々な工夫を凝らして最終的には身近なものにも使えるようになってくるでしょう。

そういった事に使われなく、結果ただの箱としても処分される事になったダンボールの場合は、その形状からして平らに畳みやすく、廃品回収などに頼んで回収をしてもらうことも可能だと思います。

ですから利用もしやすい、処分もしやすい、工夫もしやすいと色々な利点が詰まっているのです。

皆さんはどういったものに利用しているのでしょうか、それとも利用をする事なく、ただ処分する事になっているのでしょうか。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。