HOME >> 段ボールパッケージを考える >> まとまりの無い部屋に

まとまりの無い部屋に

雑誌も散らばっている雑貨が転がっているなど、部屋の片付けをしようと思っても中々片付かない、そういう人も居るのではないでしょうか?

そんな方々が結構普段使わない物は箱に詰めたりしてその辺に置いておいたり、そのまま押入れに、何ていう事もありがちだと思います。

ですがダンボールやそういった箱などを使って、整理整頓の道具を作る事も可能になっているのです。

パッケージの形状を考え、それを上手く利用する事が大切なのでしょう。

部屋が片付きまとまりのある部屋にするのであれば、様々な物を整理整頓できる場所を作れば良いのです。

例えば普通にダンボールに詰め込んでしまうのであれば、他にも何かやり方が無いのかと考える人も居ますよね。

ただ単に積み重ねてしまえばそれはただ取り出しにくい、本当に入れただけのものになってしまいますが、ダンボールプレートなどを上手くつかて仕切りをつけてしまえば、ある程度は整理しやすくなるのではないでしょうか?

また上から物を入れるだけでなく、ダンボールの箱を横に立てることで横から入れるという事も可能になると思います。

それらの特徴を上手く利用していく事も必要だと思うのですが、ある程度は皆さんの部屋のイメージに合わせていくと良いと思います。

ダンボールインテリアと呼ばれるものがあるくらいですから、そういった形状のものを利用して、様々な特徴を掴んで利用する事は案外簡単なのでしょうか。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。