HOME >> 段ボールパッケージを考える >> ダンボールのパッケージの特徴って何?

ダンボールのパッケージの特徴って何?

ダンボールと聞くと普通は思い浮かぶのがみかん箱のようなクラフト色でごくありふれたような形のものでは無いでしょうか?

やはり普通に考えると、そういった上下の開くスタイルのものが思い浮かんだりしますよね。

そんなダンボールのパッケージにも、種類によっては様々な特徴があるという事をご存知でしょうか。

ダンボールと聞くとそうでも無いかもしれませんが、箱と聞けば思い浮かぶものが色々と変わってくるはずです。

そんな「箱」のパッケージ、それぞれには特徴がありますよね。

蓋が取り外しできるものもあれば、上下が開くものもあるし、取り外しは出来ないけれど一辺だけを開く事により開閉が出来るタイプのものなど。

そういった物の特徴はどうやったらつくのか、むしろどうしてそういう箱に特徴をつけなければならないのか。

それは中に入れる物に合わせているからだと思います。

箱自体が頑丈でなければいけない場合、荷物を積み重ねる場合などには、箱自体が頑丈でそして重ねても壊れにくいものを選ぶ必要があると思いますし、プレゼントなどに使われるような箱は、テープでしっかりと止められているというより、リボンなどで軽く縛るだけで充分な、蓋が出来るタイプなどがあるでしょう。

パッケージそれぞれにも、特徴があるという事を知っておきましょう。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。