HOME >> 段ボールパッケージを考える >> ダンボールの大きさと中身について

ダンボールの大きさと中身について

ダンボールの中に入るものは案外割れ物なども多かったりすると思います。

ですがいくら上部といえどダンボールはただの箱になってしまいますし、紙ですから強度があるといえどそれには限度があると思います、そういった物に割れ物を入れる場合はどういった対処をとっているのか、その方法にも理由は様々です。

ダンボールが中に入れる物よりも大きいサイズを用意されている場合などに、割れ物などを入れるとなると発泡スチロールであったり新聞紙などを入れて、多少の衝撃には耐えられるようになっていると思います。

パッケージなどの形状に合わせてそういった中身への工夫も凝らす必要があるのでしょう。

皆さんにとっては箱から取り出してしまえば、その目的の中身以外は別にゴミになるだけだと思うかもしれませんが、その中身を守ってくれていた箱自体は重要なものになるのです。

その箱に何を入れるのかによって、その中身を守るための工夫が必要になるのです、もしも割れ物何かを入れる場合には、充分に注意しておく必要があると思いますから、その辺をよく気にしてみてください。

実際様々な形状の箱というのはありますが、それらは中のものを守るために、様々な工夫がされていると思って良いでしょう。

もちろんただ会社名などを印刷するためや、その会社の特徴を表に出すために工夫されているものもありますが、大抵は中身を意識して作られているものになるでしょう。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。