HOME >> 段ボールパッケージを考える >> いつだってその箱は中身を考えて

いつだってその箱は中身を考えて

箱というのは何かしら中身に何か入るという事を目的に作られる事になるでしょう、という事はその入れる物に合わせて形なども変わる必要があるのです。

ただ一言に箱と言った所で、それは様々な形や色をしていると思います。

デザインの違いと言ってしまえばそうなのですが、その形状などの違いについては、どういった理由があるのかを知っておくと良いのではないでしょうか。

自分が必要だと思う箱はどういう物なのか、いざという時に形状ごとの「箱の良さ」を知っておくことでだいぶ便利になると思います。

皆さんは普段どういった箱を眼にするのでしょうか?あまり意識をしていないと思い浮かべづらいかもしれませんが、それらの形はきっと中身に何を入れるかで変わってきていると思います。

食料品などが入っていることが多いみかん箱のような形のダンボールもありますし、蓋が取り外し可能なタイプのものもあります。

それらはいつだって「中身に何が入るのか」によって形状、デザインが変わってくるのだと思います。

それらに目を向けてみるのも面白いのではないでしょうか、皆さんが必要としているのはどういったものなのでしょう。

引越しなどで使うだけであれば大して意識する必要はありませんが、箱の使い道はそれだけでは無いはずです。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。