HOME >> 段ボールパッケージを考える >> 段ボールはなぜ茶色が多いのか

段ボールはなぜ茶色が多いのか

ところで、段ボールをよく観察していると、気づくことはありませんか?

古今東西、様々なタイプの段ボールがあって、いろんな場所で活躍しているわけですが――。

段ボールって、なぜか茶色いものが多いですよね。

身の回りにある段ボールを見てみても、ほとんどのものが薄い茶色、あるいは薄い黄土がかった色をしています。

中には、いろんな色にカラーリングしているものもありますけどね。

一体、どうしてなんでしょう。

実は、普段何気なく見過ごしている段ボールの色にも、ちゃんとした意味や理由が存在しています。

それは、段ボールという素材の特性にも関係しています。

まず、段ボールを分解してみましょう。

適当な大きさにきった段ボールを、1層ずつはがしてみると分かりますが、内側の面は薄い灰色がかった色をしています。

実はこれ、ボール紙本来の色なんですね。

紙というのは、木の皮などをドロドロに溶かして繊維状にし、それを漉いて成型して繊維を絡ませ、1枚の紙が出来上がります。

木というのは本来、茶色や黄土色、ベージュ色をしているものですから、出来上がったばかりの紙は、当然木の色をしています。

白い上質紙を作る場合は、煮溶かした繊維を漂白して白くします。

色をつける場合は、染料を入れて着色したり、出来上がってから色を印刷したりします。

また、再生紙の場合、リサイクルの段階で不純物などが残留したりするため、灰色がかった色になります。

小学校の頃プリントなどに使われていた、わら半紙の色を想像していただくと、分かりやすいかと思います。

つまりあれが、紙本来の色なんですね。

段ボールは、基本的に漂白や着色をおこなわず、紙本来の色を用いているため、薄い茶色や黄土色に仕上がるのです。

では、なぜ紙本来の色のままにするのか。

もうお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、段ボールは梱包材として利用しやすいよう、コストを極力抑えて製造するのが普通です。

つまり、漂白や着色など、よけいな作業を省くことでコストを下げ、より安い価格での出荷を可能にしているのですね。

段ボールの色は、低コストの証でもあるのです。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。