HOME >> 段ボールパッケージを考える >> 段ボールの歴史

段ボールの歴史

現在、梱包材として広く浸透し、利用されている段ボール。

では、段ボールはいつごろ生まれ、どのようにして現在のようなポジションに至ったのでしょうか。

段ボールの発祥は、今からおよそ200年前、19世紀にさかのぼります。

段ボールが最初に発明されたのは、大英帝国――つまり現在のイギリスで、当時は今とは全く違う用途で使用されていたそうです。

当時の大英帝国では、紳士のたしなみとしてシルクハットが流行していました。

シルクハットは円形でつばのついた背の高い帽子で、タキシードなどと合わせて着用されたり、現在ではマジックの小道具に使われていたりしていますね。

他にも、小説の主人公であるかの大怪盗も、トレードマークとしてシルクハットをかぶっていたことは有名です。

当時の英国紳士たちは、シルクハットを身だしなみのひとつとして愛用し、ステータスとしていたようです。

しかしこのシルクハット、生地が分厚く風通しが悪いため、夏場など暑い時に着用すると、結構汗をかいたそうです。

そのようにしてシルクハットの内側に付着した汗、その汗を吸い取るために開発されたのが、段ボールの元祖だったと言われています。

その後段ボールは米国に渡り、その頑丈さから梱包材として使用されるようになります。

最初は、割れやすいガラス製品を防護するために包んだのが始まりだったそうですよ。

その後、段ボールは日本にも伝わり、様々な研究がおこなわれ、今日に至っています。

ちなみに、英語では"コルゲイティッッド カードボード(corrugated cardboard)"と言い、日本語の"段ボール"と言う名は、明治時代の実業家・井上貞治郎が、3層構造の断面が階段状に見えることと、原料にボール紙を使用していることから名づけたそうです。

段ボールの登場によって、物流や運送における梱包は大きく様変わりし、今日の物流システムの構築に、大きく貢献したわけです。

こうして見ると、ダンボールの歴史は思ったより古いことがわかります。現在の形の段ボールでさえ、100年以上の歴史を持っているわけですから、推して知るべし、ですね。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。