HOME >> 段ボールパッケージを考える >> 換気扇のいろいろ

換気扇のいろいろ

これまで何度か換気扇の掃除をしたことがありますが、つい最近、構造がわかったという感じです。

なぜかというと、昔のものは窓に取り付けられているタイプのものと、ファンがコンロを向いているものの二通りだと思っていたからです。

つい先日、新しいものに切り替わり、その仕組みを掃除がてらパネルをはずしてみてみると、ファンは窓というか通気口にはめ込まれてあったのです。

つまり、窓につける簡単なものにレンジフードが付いているというタイプだったのです。
少し調べてみると現在はこのようなタイプが一般的で、以前のようにコンロにファンが向いているものは古いアパートなどに設置されているだけという感じです。

また、高級マンションだと排気による匂いの問題で、こちらのものは煙やにおいを取る仕組み自体違っていることがわかりました。たくさんの方が快適におしゃれに暮らしたいので当たり前といえば当たり前です。

ちなみに高級マンションで使われているのはシロッコファンと呼ばれ、形状は扇風機の羽根のようなものではなく、円柱に細かい羽が付いているといったタイプになります。一般家庭だと扇風機の羽根のようなプロペラファンが主ですが、アイランド型キッチンでコンロが窓側にないタイプだと、プロペラファンとはいかず、ダクトが必要になるといわれています。つまり、一戸建てのキッチン改造でアイランド型を望む場合、排気の場所にも手が入るということになるのでしょう。

なぜマンションだとシロッコファンと呼ばれるタイプが適しているのかというと、風量が安定しているからだそうです。プロペラファンの場合、外からの風に影響されることもあり風量が落ちることもあるのです。台風や風の強い日、換気扇から風が入ってきたという経験をされる方は少なくないと思います。

さて、大掃除などでいちばん掃除が大変だという場所である換気扇ですが、掃除を簡単にするには一面を覆ってしまうフィルターを付けるほうがいいと思います。

油は重なれば重なるほどこびりつき、料理を頻繁にされるお宅だと、固まった油が流れてくるということもあります。

一度、何の対策もせずに使っていた換気扇をきれいにするのに二日がかりということがありました。

大きなダンボールを広げ、その中に各パーツを入れて掃除をしたのですが、ひどいことにマイナスドライバーでこそげ落とさなければ金属面が見えないという感じだったのです。

恐らく、10年以上掃除をされていなかったのでしょうね。

こそげ落としたおかげで、白いペンキすべてが剥がれてしまいました。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。