HOME >> 段ボールパッケージを考える >> 便利に開封できるパッケージ

便利に開封できるパッケージ

段ボールは、分厚さがあるので、梱包する品物をしっかりと守ることができるけれども、手軽に開封することは難しいと考えていませんか。

ミカン箱のような定番の箱では梱包にはガムテープが必要で、当然開ける時にはガムテープを剥がす必要がありました。

そのような手間を省くため、差し込み型の箱が登場して、梱包にはガムテープいらずとなりましたが、テープ留めをしていなければ、運搬中に蓋が開いてしまうという心配がありました。

そこで新たに考え出されたのは、取り出し口の所にミシン目を付けた段ボール箱なのです。

梱包時にしっかりと糊付けをしてしまっても、開封する時にはミシン目から開けることができ、子供や女性の力でも楽に開けることができます。

これにより、しっかりと梱包されているので、輸送時には箱が開いて品物が出てしまうという心配がなく、開封は楽なパッケージが便利に使用できるようになりました。

分厚い段ボールをまるで紙のように取り扱うことができるミシン目入りのタイプは、箱の新たな可能性が見られるものとなったのです。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。