HOME >> 段ボールパッケージを考える >> デリバリーピザの定番箱

デリバリーピザの定番箱

ピザのデリバリーでは、熱々のピザを配達するために段ボールの箱が使われていますが、段ボールの素材がピザを熱いまま届けるための保温に優れていることが、ピザの配達に使われている最も大きな理由だと思われます。

また、段ボールが持っている通気性が蒸気を程良く逃がしてくれるので、箱の中やピザに水滴が付いて生地が柔らかくなってしまうことを防ぐため、ピザの箱には段ボールが最適なのです。

デリバリーピザは薄い形をしているので、それに合わせて箱は5センチほどの高さとなっていますが、角を折り込んで丈夫に作られているので、上下や側面から力がかかってもへこみにくくなっています。

また、蓋は差し込み型となっていて、ワンタッチで開くタイプのものを見かけることがほとんどなのですが、稀にケーキの箱のように手持ち型になっているものもあります。

デリバリーピザの箱ももちろんカラー印刷ができますが、食品を直接入れる箱であるというところからなのか、白を基調としたものが多く、清潔感を残したまま、店名を入れるというパターンが多いようです。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。