HOME >> 段ボールパッケージを考える >> 仕切るための段ボール

仕切るための段ボール

段ボールには、仕切るということ専用に作られた形状のものがあり、仕切り板として小さな品物を区切ったり、品物の破損を防いだりするために役立てられています。

薄い仕切り用の段ボールは、数センチ単位で細かく仕切ることができますので、小さな部品やバラバラになっては困る品物の仕切りに活躍します。

品物が破損しないように、守りながら仕切るための段ボールは、やや厚みがあって頑丈なタイプであることが多く、梱包する品物に合わせた大きさになるように折られています。

ボトルなどを巻いて仕切っている段ボールは、展開した時の形状が独特で、差し込み口や切込などに工夫を凝らして作られています。

仕切りはサイの目状に区切ることもできますが、上下で区切ることもできますので、品物に合わせた仕切りの活用ができます。

また、サイの目状に区切る時には、運搬の際に仕切りが外れて品物がバラバラになってしまわないように、仕切りをしっかりと組んだり、仕切りの端に切込を入れて抜けにくくしたりするなどといったひと手間が有効です。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。