HOME >> 段ボールパッケージを考える >> 丸い果物にピッタリな形状

丸い果物にピッタリな形状

丸い果物を段ボールに収める時には、その果物の大きさによって幾つかの方法があります。

メロンなどのように一つである程度の大きさがあるものなら、一つずつをメロンに合った大きさの箱に入れることが適当かもしれません。

ただし、リンゴや桃のように、ぶつかると傷んでしまうようなデリケートな果物を箱に入れる時には、数十個を一度に箱に収めるケースが多いので、箱に入れた状態で転がらないようにする工夫が必要です。

これらの丸い果物の大きさに合わせて、丸い形が幾つも並んだクッション材を入れることで、リンゴや桃などをそこに当てはめて入れることができ、果物同士が転がったりぶつかったりすることを防ぎ、品質を保ちながら運ぶことができます。

また、波形のデコボコを付けた段ボールをリンゴや桃の下に敷くことで、果物の動きはこのデコボコに吸収されるため、果物を傷付けないようにすることができるのです。

丸い果物を段ボールで運ぶ時には、中に入れる上下の仕切り板に工夫をすれば、より良い状態で運搬することができるのです。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。