HOME >> 段ボールパッケージを考える >> カラーで段ボールの雰囲気が変わる

カラーで段ボールの雰囲気が変わる

段ボールは基本的には茶色い箱という印象かもしれませんが、白い箱やその他の色でも作ることができ、特に化粧箱と言われるタイプでは、さまざまなカラーで中に入れる商品をアピールすることができるものとなっています。

段ボールはその素材の特性から色付けが自由にできるものですので、箱そのものの色を変えたり、箱の上や側面などに好きな字や模様を自由なカラーで入れたりすることができるのです。

箱の色の印象で、中に入っている商品へのイメージを大きく左右することができるものとなりますので、特に店頭に並べて販売する時に、箱に入って売られている商品の箱の色というものはとても大切です。

華やかな色、凛々しい色、企業のテーマカラー、季節に合ったカラーなど、その箱に必要な色というのが必ずあるはずです。

パッケージカラーが適切なものであれば、その商品の売れ行きも左右するほどになるかもしれないので、段ボールのカラーはよく検討することが求められるのです。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。