HOME >> 段ボールパッケージを考える >> 形状を活かす梱包テクニック

形状を活かす梱包テクニック

段ボールに物を入れて梱包する時には、入れる物の形に合わせた大きさの箱を使ったり、大量の物を一度に運ぶことができるように詰めていくことが必要になったりすることがあります。

また、時には梱包した品物を長距離の輸送などに耐えられるようにする必要が生じることがあります。

このような梱包時に特に気を遣うのが壊れやすい物や、四角い形状ではない物、ボトルなどのように変わった形状の物などではないでしょうか。

中に収める品物をできるだけそのままの形で運ぶためには、段ボールに入れる物をクッション性のある梱包材で包んでから収めていき、壊れにくいようにし、不安定な形状の物は中で動いてしまわないように仕切りを上手に活用することがコツとなります。

また、このような梱包材は役目を終えてしまった途端にかさばってしまい、それらを処分する必要がありますので、段ボールやそれに近い素材で作られていて、リサイクル可能な種類であれば理想的となっています。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。