HOME >> 段ボールパッケージを考える >> 形状見直しでコストダウンに!

形状見直しでコストダウンに!

段ボールは、流通や販売の場面にはなくてはならないものなので、業種に関わらず、多くの企業が利用しているアイテムだと思われます。

そのような段ボールにかかる費用は、流通や販売には必要な物なのでこれ以上低く抑えることができないと考えている企業も多いようですが、現在当たり前のように使っているその形でなければいけないのかを再考することでコストダウンにつながる場合もあるのです。

段ボールに頑丈さを求めている場合には、厚みを薄くするということはできないかもしれませんが、形なら見直しをしやすいのです。

B式の組み立て式の形状からA式にすると、梱包時にガムテープが必要で多少の手間がかかることにはなりますが、コストダウンが望めることになります。

また、小さな部品などを入れるため、それらに合わせたたくさんの箱を必要としていた場合には、そのような部品などがまとめて入る大きさに変え、中に仕切りを入れて使用することで大幅なコストダウンが見込めることになるのです。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。