HOME >> 段ボールパッケージを考える >> 組み方による分類

組み方による分類

段ボールは元を正せば1枚の平たい板状の形をしていますが、それを貼り合わせたり、組んだりすることで立体的な形状になります。

このように貼ったり組んだりする時には、そこに何を入れるかという使い方によって決まることが多いようです。

ですから、重い物を入れたり、たくさんの物を入れたりする使い方をする段ボールでは、底をしっかりと貼り付けてあると安心です。

底が貼り合わさっていれば、保管時にはややかさばりますが、組み立ての手間はあまりかからないということになります。

軽い物やあまり多くの量の物を入れない形に向いているのが底を組んで使うタイプになります。

使用する時に底を組めば良いので、使わない時には畳んでコンパクトにしまっておくことができます。

小さくて軽く、上下の向きをあまり気にしない物を入れるのに向いているのは、蓋も底も差し込み型になっているもので、キャラメルの箱のような形をしています。

また1枚型で展開されていて、折り線に沿って折っていくだけで蓋から底まで一体型となる箱が完成し、蓋が差し込み型になっているものは、丸缶に入ったクッキーの外箱などでよく見かけることができるタイプです。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。