HOME >> 段ボールパッケージを考える >> 代表的な段ボールの形

代表的な段ボールの形

段ボールは毎日目にしない日はないと言っても良いくらい、さまざまな場所で見かけることができますが、その形は使用方法によって違ってきます。

段ボール箱の形の種類も多く、全てをご紹介するのは難しいですが、比較的よく目にするものから見ていきましょう。

最もオーソドックスなのはミカン箱の形としておなじみのA式と呼ばれているもので、段ボールそのものは頑丈でわりと大きめであることが多いようです。

A式の形は蓋も底も観音開きで、閉める時にはガムテープなどを必要としますが、差し込む蓋が付いているのがB式と呼ばれるタイプのものです。

B式と呼ばれるタイプでは、梱包にガムテープなどが必要ないので、手間がかからず、開けやすいという特徴があります。

蓋と底が別々に分かれている段ボールはC式と呼ばれ、薄いタイプのものは衣類に、高さがあるものは瀬戸物などを入れるために使われることがあります。

C式と形が似ていますが、蓋と底が別々にはなっておらず、B式のように蓋が一体型になっているものがN式と呼ばれる形です。

これらの形は段ボールの中でもごく一部のもので、他にも細長い物を入れるのに向いている形や紙類などのごく薄いものを入れる形など、他にもたくさんの形や機能を持ったものが見られます。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。