HOME >> 箱とパッケージ >> やっこ型タイプの形状

やっこ型タイプの形状

img003

段ボールの種類のうち、やっこ型タイプは高さのない荷物を入れるための箱です。

呉服を保存する際に包んで虫除けにする和紙「たとう(たとう紙)」に形状や畳み方がよく似ていることから「たとう式」とも呼ばれています。

やっこ型タイプの段ボール箱は、主に通販で本や雑誌を購入した場合、あるいは有料のカタログ類を送る際などによく利用されていますが、この他にもDVDを始めとするメディア類の梱包に使われているのを目にする機会も多いことでしょう。

この段ボール箱は、薄くて軽量、しかもコンパクトですから持ち運びがしやすいのがメリットで、宅配便でも大活躍しています。

しかし、気をつけたいのが「隙間」です。

この段ボールはその性質上、組み立てた際に隙間が多いため、薄いリーフレットのような物を入れると何かの拍子に抜け出てしまうことがあるのです。

やっこ型タイプの段ボール箱を利用する際には、ガムテープで隙間をしっかり埋めておく必要があります。

リーフレット類を単品で入れず、主役の荷物と一緒に袋に入れるなどの処置も大切と言えるでしょう。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。