HOME >> 箱とパッケージ >> 上差込下仕切タイプ

上差込下仕切タイプ

img009

上差込下仕切は、上面が差し込んでフタをするタイプで、4つの羽根がある底面を組み込んで行くと箱の中に仕切りが出来るよう作られている段ボール箱です。

通常、段ボール箱の中に仕切りが欲しい場合には、ダンボールで出来た仕切りを準備するか、板段ボール(段ボールシート)を使って自分で作るしかありません。

しかし、上差込下仕切の段ボール箱を購入すれば、ただ組み立てるだけで済むのですから、かなり優秀かつ画期的な段ボールであると言えますね。

ただし、この場合、仕切りは6つもしくは4つに限られており、自分が好きな数に区切ることは出来ないので予めご了承ください。

仕切りが入っていると、箱の中に入っている複数の品物が互いにぶつかり合うのを防げますし、輸送中の揺れなどによる衝撃も最小限に抑えることが出来るので、お酒やドリンク類を出荷する際によく使われています。

よく、お店でアルコール飲料などをダース買いされる方にはお馴染みかもしれませんね。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。