HOME >> 箱とパッケージ >> 上下差込式の形状

上下差込式の形状

img004

段ボールと言えば、上面と底面にガムテープを貼って組み立てるみかん箱タイプをイメージされる方が多いのではないかと思いますが、そればかりではありません。

世の中には、様々な形状の段ボール箱が存在するものなのです。

上下差込式もそのうちの1つで、組み立ての際には上面と底面を内側に差し込むようになっています。

箱の底が完全にフラットになるため安定性に優れており、小さな箱や高さのある箱でもグラグラする心配がありません。

組み立てが簡単でガムテープを使う手間も省けるので、時間もコストも大幅に削減出来ます。

そのため、大量生産の商品の梱包によく使われています。

ただし、底面がただ差し込んであるだけということは、重い物を入れたり、輸送したり、持ち運んだりするのには不向きであるということでもあります。

上下差込式の箱に物を入れる時には、底面と上面の差込口や隙間にしっかりとガムテープを貼って密着させ、補強しておくと安心ですね。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。