HOME >> 箱とパッケージ >> N式サイド差込の形状

N式サイド差込の形状

img006

平べったい形状の段ボールとして、これまでやっこ型タイプとN式上差込についてご紹介してまいりましたが、これからご紹介するN式サイド差込はそれらの集大成とも言える箱かもしれません。

N式サイド差込も、厚みが少ない物の梱包に用いられる段ボールであり、N式上差込と同様に差込方式の箱なのですが、サイド部分を外側から差し込む点に大きな特徴があります。

フタが直接中身に触れることがない上に、段ボールが重なり合っている部分も多いためクッション性もあり、繊細な扱いを要する荷物も安心して梱包することが可能です。

私達が普段使用する機会はあまりないかもしれませんが、通信販売の業者がお客様から注文のあった商品や有料カタログを送る際によく利用されています。

また、薬などの輸送にも、このタイプの箱が用いられることがあるそうですよ。

段ボールを扱うお店で購入することが出来るので、衣類や本、DVDなどを遠方の人へプレゼントする際にも利用されてみてはいかがでしょうか。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。