HOME >> 箱とパッケージ >> 大物家電のパッケージ

大物家電のパッケージ

img018

テレビや洗濯機、冷蔵庫などの大物家電を入れる箱には、段ボールが使われています。

段ボールの内部には、商品本体やパーツ1つ1つの形状に合わせた枠組みがあり、ここに物をカッチリとはめれば輸送中にどれだけ箱が揺れたとしても決して動くことはありません。

また、枠組み自体もただ段ボール1枚だけで作られているわけではなく、何重にも重ねられた段ボールが使われているので、商品の重量に耐えられるだけの強度は十分にあると言えるでしょう。

段ボール箱だけでなく、こういった枠組みにも強度を増した強化段ボールが使われているのが一般的です。

以前は発泡スチロールもよく使われていましたが、エコロジーの観点からか最近ではあまり見られなくなりました。

なお、テレビや洗濯機、冷蔵庫などが入っている段ボール箱はかなり大きくて一般的な家庭だと保管場所に困るということで、購入先の家電量販店などが処分してくれるケースがほとんどのようです。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。