HOME >> 箱とパッケージ >> 上差込風車式タイプ

上差込風車式タイプ

img008

上差込風車式の段ボール箱は、上面が差し込んでフタをするタイプ、底面が組み込んで閉じるタイプになっています。

上差込下組式とよく似ていますが、底面が正方形になっているので組み込むと風車のような形状になる点に大きな特徴があります。

また、組み込み方については順番がなく、どういう順序で組み込んで行っても必ず風車状になるように出来ているのも、段ボールとしては珍しいタイプと言えるでしょう。

組み立ての簡単さは時間や労力の大幅な短縮に?がり、大きな利益を生んでくれます。

底面が正方形でなければならないという条件があるため、上差込下組式の段ボール箱に入れられる物は限られていますが、主にアルコール類の瓶を入れるための箱として様々なシーンで活躍しています。

風車状の底面は、他のタイプの箱と比べて段ボールの重なり部分が大きいため、ガラス瓶のような重い荷物にも十分に耐えられるのです。

お酒をこの箱に入れた後、包装紙に包んだり、熨斗を貼ったりすれば立派な贈答品になりますよ。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。