HOME >> 箱とパッケージ >> ベビーフードのパッケージ

ベビーフードのパッケージ

img015

ベビーフードは特に衛生面や安全面において万全の注意を払う必要がある商品であり、そのためパッケージもアルミパックなどで個包装にした状態の物をさらに箱に入れて密閉するといった処置が取られています。

瓶詰めの物もありますが、その場合も必ず中身は真空状態になっており、1度開封された物はフタの中心部が凹んですぐに分かるようになっているなどの工夫が施されています。

また、ベビーフードは若いお母さんが忙しい家事や育児の合間に使う物なので、開けやすさや使いやすさも大きなポイントと言えるでしょう。

個包装の物はハサミを使わなくても手で簡単に開けられるようになっている他、瓶詰めタイプは口が広く、軽量スプーンの小さじが楽々入るよう配慮されています。

また、外装には栄養成分や全原材料表示の他、アレルギーを引き起こす可能性のある特定原材料表示の記載も必ず行なわれています。

なお、ベビーフードを出荷する際には段ボールが用いられますが、梱包時や開封時に雑菌が付着しないようガムテープを使わなくて済む形状の箱が採用されています。

段ボールパッケージの形状考察へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。